浮気調査支援組では、探偵事務所の口コミや評判を検証しています。実際に電話での無料相談を行い、

  • 「調査内容の確認」
  • 「調査結果報告書の精度」
  • 「相談員の受け答え」

などあらゆる内容を比較し、ランキングとして掲載しています。

浮気調査と言うと、「費用はいくらかかるの?」、「なんだか怪しい」というイメージがありますよね。日頃から付き合いがある業界ではありませんし、料金に不透明感があるので仕方ありません。

そして、浮気調査の知識がないままに依頼をすると、失敗する確率が高いです。

なぜかと言うと、

  1. 法外な料金を請求する探偵社がある
  2. 調査力の低い探偵社では調査自体を失敗する事がある
  3. 証拠は出たけど裁判がうまくいかない

と言った事例が非常に多いからです。これらの失敗は、正しい探偵業界の知識をつけ、全うな探偵事務所に調査をお願いする事で防ぐことができます。

そうなってしまわない為に、「浮気調査とはどんな調査をするのか?」、「浮気調査の料金の決まり方」、「調査後にはどんな対応が必要なのか?」などの知識をつけてから、当サイトのランキングを参考にして浮気調査の依頼をしてみて下さい。

浮気調査とは

浮気調査とは、一方の配偶者や婚約者又は恋人に浮気の疑いがある際に、その事実を確認する為に実施される行為をいう。 調査は疑いを持った人物が自ら行う事もあるが、一般的には、専門の探偵や興信所などの浮気調査を取り扱う調査会社に依頼することも多く行われている。引用:wikipedia

wikipediaからの引用では、上記の通りです。

簡単に言うと、「浮気を発覚させるための調査」ですが、自分でやる場合と探偵や興信所に依頼する場合があります。まずは自分でやれる事についてみてみましょう。

自分でできる浮気調査

自分でできるかできないか?を判断するのはあなた自身ですので、個々の能力や技術によってできる事は違います。ここで言う「自分でできる」というのは、「見つかってもリスクが少ない」あるいは「見つからない」調査方法という前提で進めて行きたいと思います。

この条件で、個人ができる浮気調査は、

  1. 持ち物を調べる
  2. GPSで居場所を探る
  3. 記録をつける

この3つです。

持ち物を調べる

持ち物というのは、財布の中身やレシート、カードの利用明細、車のナビの検索履歴などあらゆる記録されている情報などです。携帯電話も含まれます。

GPSで居場所を探る

GPS機能を使って居場所を探知するのは少しリスクがありますが、現実的にできる範囲という事で載せておきます。GPSはキッズ携帯やレンタルなどもありますので、高価な機器を購入しなくても可能です。

記録をつける

記録なんてつけて浮気が見つかるのか?と思われるかもしれませんが、これは「証拠」として使えます。日々の変化や行動を日記として残しているだけでも裁判などでは有利に働きますし、記録を振り返る事で直接的に浮気を特定できる事もあります。

セルフチェック一覧

まずは簡易的にできる下記のチェック項目で、旦那様あるいは奥様の行動を確認してみましょう。

  1. 電話(スマホ)を肌身離さず持ち歩く
  2. さらにパスコードをかけるようになる
  3. SNSを頻繁に使っている
  4. メールやLINE履歴を消している形跡がある
  5. 出張や泊り、飲み会が頻繁になった
  6. 新しい趣味を持つようになった
  7. ファッションや小物に気をつかうようになった
  8. 急に優しくなったり冷たくなったりする
  9. 会社や趣味の関係者と会うことが減った(自分が)
  10. 夫婦関係の営みがなくなった

男性にも女性にも共通して、5個以上当てはまるようでしたら要注意かもしれません。

探偵が行う浮気調査

尾行調査

では、プロである探偵が行う浮気調査とはどんな内容なのでしょう。基本となるのは「尾行」です。

ただし、その尾行を徹底した方法で実践します。まともな探偵社であれば、尾行調査は原則2名以上のチームで行い、あらゆる移動方法にも対応してターゲットを逃さずに尾行します。車、電車、バイク、徒歩、飛行機など、どんな移動手段でも依頼があれば追跡します。

そして、浮気(不倫)の証拠となるシーンでは対象者(夫・妻)にバレない距離から小型カメラやビデオを使って証拠画像を撮影します。私は実際に浮気調査の尾行車両に同席させてもらった事もありますが、運転はアクション映画かと思うほどの腕前でした。ターゲットにバレない距離を保ちながらも絶対に目を離さない技術には驚きました。

情報収集

間接的な調査ですが、情報収集も欠かさずに行います。調査以来の際に、依頼者から集めた情報を元に行動パターンなど推理します。情報収集の方法は教えてもらう事はできませんが、違法性のある内容や犯罪につながる内容は調査を受けてもらう事はできません。(違法性のある調査をする探偵社には注意)

そして、収集した情報を元に尾行調査を行って証拠を取りますが、プロの探偵が取ってくる証拠の精度には必ず驚くでしょう。調査力がある探偵社は素人の浮気調査で見つかってしまう事など一切ありません。しかし、顔が鮮明にわかる画像をしっかりと撮影してきます。

 

浮気調査する理由について

ここまでは、「浮気調査」の方法や種類について書いてきましたが、浮気調査をする時に大切なことが1つだけあります。それは、

「なぜ浮気調査をするのか?」

を明確に理解しておくことです。というか、もっとはっきりと言いましょう。

「離婚をするつもりがあるのか、ないのか?または、結果を見てから考えるのか?」

ここを自分の中ではっきりとさせておく必要があります。

離婚をするつもりであれば、法的に通用する証拠が必要になります。浮気の事実を知るだけであればパートナーが異性と腕を組んで歩いている写真や、ホテルに入るシーンの写真があれば十分でしょう。

離婚裁判を優位に勧めるための証拠、慰謝料を請求するための証拠というのははっきりとした規定があるわけではありません。あくまでも判例を参考にするしかありませんが、自分で証拠集めをするのと、経験豊富な弁護士や探偵事務所が証拠を集めをするのでは精度が違いますよね。

なぜ浮気調査をするのか?について再度考えてみましょう。その上で、自分に浮気調査が必要だと感じる場合にはこの先を読み進めて下さい。探偵社(興信所)を選ぶ基準についてです。

 

探偵社を選ぶ3つの判断基準

探偵社を選ぶ時に注意したいポイントは下記の3点です。

  1. 料金は適正であるか
  2. 調査力は信頼できるか
  3. 調査後のフォローがあるか

1.料金は適正であるか

探偵業界の料金は、非常に不透明です。yahoo知恵袋や教えてgooなどの質問サイトを見ても、多いのは料金に関する質問ばかりです。

「ある探偵社に浮気調査を依頼したら100万円と言われたけど、こんなに高いのですか?」
「浮気調査の相場はいくらくらいでしょうか?」
「調査の相場がわからないのですが、安くできないのでしょうか?」

この様な質問は、当サイトの「料金相場に対する考え方」を読めばすべて理解できます。完全成功報酬であったり、前払い、後払いなど料金に対する設定も各社で違いますが、こちらを読んで頂ければ適正かどうかの判断はできます。

2.調査力は信頼できるか

素人には探偵社の調査力を判断するのも簡単ではありません。しかし、あるポイントを押さえていればある程度の判断をする事はできます。調査力の判断をするには、「報告書のサンプル」を事前に提出してもらい、調査内容を事細かく質問してみる事です。

詳しくはこちらのページにて判断方法を書いていますので、参考にしてみて下さい。

3.調査後のフォローはあるか

調査後のフォローを大切です。浮気調査をする大きな目的は、

  • 浮気の証拠を取って離婚を有利に進めたい
  • 事実を確認してパートナーとやり直したい

上記のいずれかもしくはどちらかがはっきりしないケースです。特に離婚をする場合には、「どんな証拠を取れば良いのか?」「裁判に有利な証拠とは?」「親権争いに勝つためには?」と言う経験からくるフォローや、弁護士のバックアップ体勢が欠かせません。

 

そして、これらの条件を満たした上で、1番重要になるのが「親身になってあなたのことを考えてくれるかどうか?」ではないでしょうか。

浮気調査を行うことになれば、あなたのプライベートなことや、パートナーの詳細など隠しておきたい部分も打ち明けることになります。また、浮気調査後は、あなたの人生を左右する大きな決断を迫られることもあります。

そんな重大・重要なことを信用できない人に相談したくはありません。だからこそ、「一度電話相談をしてみて感触を確かめる」ことが大切です。そこで、当サイトではあなたに代わって、浮気調査を得意としている探偵事務所に片っ端から電話をかけて行きました。

 

調査済み探偵社の比較表

浮気調査支援組では、上記で解説した3項目(料金・調査力・フォロー)の観点で、各探偵社に電話相談し、信頼性を調査しています。

それぞれ、料金、調査力、対応(フォローなど)の観点からそれぞれを数値化して比較しました。すべての探偵社に電話をした上での結果ですので、参考にしてみて下さい。

料金で比較

浮気調査を依頼する上で一番気になるのが料金部分だと思います。「浮気調査って高いんでしょ・・・」というイメージがどうしても拭えません。しかし、中には激安の探偵事務所もあります。各社、料金形態が違う中での比較は難しいのでわかりやすく一覧表にしてまとめてみました。

▼ボタンを押すと並べ替えができます。事例の料金はあくまでも1人あたりの単価を掛けた数字です。必ず申込み前にお見積りを。
探偵社名調査員1人/時間の料金3日間30時間の料金(調査員2名)分割払い
原一探偵事務所7,500円(約)状況により
ISM調査事務所7,500円450,000円相談
FUJIリサーチ6,000円360,000円相談
タント君6,000円360,000円相談
総合探偵社TS5400円324,000円◎(後払い可)
総合探偵社AMUSE 6,000円360,000円
街角探偵相談所5,000円300,000円
ハル探偵社6,000円360,000円◎(後払い可)
響エージェント状況により状況により
MIRAI探偵社6,000円360,000円
Akai探偵事務所5,000円300,000円相談
ヒューマン探偵事務所7,500円450,000円相談
総合探偵社ガルエージェンシー状況により状況により◎(後払い可)
RCL探偵事務所7,500円(約)280,000円相談
MR探偵社状況により状況により
アイヴィサービス状況により状況により相談
クローバー総合調査6,000円360,000円相談
探偵社AG9,000円540,000円
総合探偵社フルスピード5,000円300,000円相談

さて、上記の料金表を見てわかることはなんでしょう。私が感じたのは、「料金だけで選ぶべきではないな」ということです。1人あたりの料金で見ると、街角探偵相談所やフルスピードが安く感じますが、一見高く見える原一探偵事務所も合計金額では安くなっています。

しかし、本当に大事なのはここに書いてある料金ではなく、「実際に支払う料金」です。なんだかんだで集客ページにかかれている金額よりも費用がかかってしまうのが浮気調査。つまりどうすれば良いか?というと、事前に集められる情報から2社あるいは3社をピックアップして、実際に見積もりを出すしかありません。

そして、その見積もり依頼をする探偵事務所を、事前に情報収集した中から選択しましょう。下記料金以外の情報と電話相談をした上での調査結果です。

調査内容やサービスで比較

探偵社の規模や、調査力、相談方法など、料金以外の部分をまとめて比較表にしています。

▼ボタンを押すと並べ替えができます。
探偵社名対応エリア調査実績営業所ネット見積相談時間即日調査
原一探偵事務所全国対応80,000件以上全国17か所×24時間
ISM調査事務所全国対応非公開東京1か所×不明
FUJIリサーチ全国対応非公開全国4か所×24時間問い合わせ
タント君全国対応-全国提携×不明問い合わせ
総合探偵社TS全国対応非公開東京1か所24時間
総合探偵社AMUSE 全国対応1,000件以上東京1か所×不明問い合わせ
街角探偵相談所全国対応月間相談1500件以上全国提携100社以上7:30-22:00
ハル探偵社全国対応17,000件以上全国11か所
24時間
響エージェント全国対応月間相談130件以上全国4か所×不明
MIRAI探偵社全国対応非公開東京1か所×24時間問い合わせ
Akai探偵事務所全国対応非公開全国13か所×11:00~21:00問い合わせ
ヒューマン探偵事務所不明非公開東京1か所×不明問い合わせ
総合探偵社ガルエージェンシー全国対応5,000件以上全国124か所×24時間問い合わせ
RCL探偵事務所全国対応非公開全国11か所×24時間問い合わせ
MR探偵社全国対応年間相談15,000件以上全国14か所×24時間
アイヴィサービス全国対応非公開全国11か所×24時間問い合わせ
クローバー総合調査全国対応年間8,000件以上大阪1か所×24時間問い合わせ
探偵社AG全国対応創業50年以上東京1か所×10:00-22:00問い合わせ
総合探偵社フルスピード全国対応非公開東京大阪2か所×24時間問い合わせ

相談実績の件数を出していないところは創業まもなくて歴が浅いところが多いです。やはりサービスや信頼性、調査力を数値化してみてみるとHAL探偵社と原一探偵社が際立って見えます。では、次に電話相談をしてみた結果を比較してみましょう。

対応で比較

実際に、各社電話で無料相談をしてみた結果をまとめています。やはり実際に電話をしてみなければわからないこともたくさんありました。料金や調査力ももちろん重要ですが、一番大切なのは「誠実にあなたの悩みを聞いてくれ、たしかな調査を遂行してくれること」です。

その部分については、やはり電話や面談で感触を確かめなければわかりません。当サイトが実際に電話相談をしてみた内容を一覧にしていますので、参考にしてみて下さい。

▼ボタンを押すと並べ替えができます。
探偵社名信頼性費用面調査力報告書弁護士総合点
原一探偵事務所5455423
ISM調査事務所3333315
FUJIリサーチ4533419
タント君------
総合探偵社TS4555423
総合探偵社AMUSE 4333417
街角探偵相談所------
ハル探偵社4544421
響エージェント5444522
MIRAI探偵社2233414
Akai探偵事務所4443419
ヒューマン探偵事務所5534320
総合探偵社ガルエージェンシー3344418
RCL探偵事務所3233314
MR探偵社5244419
アイヴィサービス4233315
クローバー総合調査3544420
探偵社AG4344419
総合探偵社フルスピード3333416

以上、いかがでしたでしょうか?最後に、総合点数をもとにして当サイトでおすすめする探偵社をランキングにしてみました。

下記のランキングは、

  1. 信頼性
  2. 費用
  3. 調査力
  4. スピード感
  5. アフターフォロー

の5項目に分けて最大25点満点で評価をしています。(上記比較表参照)

※調査が完了していない探偵社もありますが、現時点のランキングを掲載していますので順位は変動する可能性があります。

 

おすすめ探偵社ランキング

総合探偵社TS

東京都豊島区南大塚に本社を置く調査会社ですが、全国に対応しています。無料出張相談も行っており、調査成功率は98.4%。探偵学校を併設している探偵社なので、調査力は申し分なしです。

下請けなどを一切使わずに自社の調査員が動くので、調査力についてはどこよりも徹底されています。また、警察OBを内部に置くことで組織的な調査も得意。電話対応にも夫婦カウンセラーの有資格者を常駐する徹底ぶり。料金も安く、カード払いや後払いにも柔軟に対応してくれるイチオシの事務所です。

0120-859-005

対応エリア ネット見積り 時間 即日調査 料金 支払
全国対応 24時間 5400円/h 後払い・カード

原一探偵事務所

原一探偵事務所は、日本でも最大手の探偵社です。自社で所有する機材の数、車の台数、調査員の数、調査実績、テレビ出演などどれを取っても業界No,1です。何よりも調査力を重視する場合には迷わず原一探偵事務所がオススメです。

0120-31-3058

対応エリア ネット見積り 時間 即日調査 料金 支払
全国対応 × 24時間 7,500円(約)/h 分割

響エージェント

響エージェントの最大の特徴は、「弁護士が運営する探偵社」ということです。顧問として弁護士がついているところは多いですが、運営そのものを弁護士が行っているというのは裁判時には大きなメリットになります。離婚調停や慰謝料問題には特に強い探偵社です。

料金も比較的安い水準で提供しています。まだ歴史の浅い探偵事務所ですが、これから実績も増えていくともっと心強い探偵になりそうです。

対応エリア ネット見積り 時間 即日調査 料金 支払
全国対応 × 不明 5400円/h 分割

 

無料匿名で相談がしたい場合

ここまで、ランキングにて3社を紹介しましたが、結局どこに依頼するのがベストなのか?

というのは判断が難しいところです。全て自信を持ってオススメできる探偵事務所ですが、それぞれ特徴や強みが違います。まずは無料相談をしてみて感じの良い所に依頼すれば良いと思います。

それでも、「いきなり探偵事務所に電話するのは気が引ける、軽い相談がしたい」そんな時に、おすすめなのが下記の街角探偵相談所です。

街角探偵相談所

街角探偵相談所の特徴は、あなたのお住まいの地域で、一番安く浮気調査ができる探偵社が必ず見つかるという事です。街角探偵相談所がコンシェルジュとして仲介に入る事で、最安料金かつ希望日に調査ができる探偵社をあなたに提案してくれます。オンラインで一括見積りをして、その中から最安値の探偵社を紹介してもらうことができます。

 

探偵社に依頼する以外の方法との比較

浮気調査は必ずしも探偵社(興信所)依頼しなければいけないというものではありません。しかし、当サイトでは原則として探偵社に依頼をすることをおすすめしています。それはなぜか?

費用とリスクとのバランスがどう考えても合わない

という理由からです。わかりやすく図にしてみましたので、比較してみて下さい。

コスト 手間 リスク リターン
探偵に依頼 20万~50万 少ない 少ない 大きい
GPSレンタルなど 数万~10万 それなり 大きい それなり
すべて自力 ほぼ無料 大きい 大きい 少ない

こんな感じですね。どう考えても、リスクとリターンのバランスが合わないです。浮気調査を自分ですることのリスクとはどんな事があるのかと疑問に思われるかもしれませんが、万が一見つかった時にはあなたが不利な立場に逆転してしまう事もありますし、法的に違法である事を気づかずにやってしまう事もあります。

また、素人の方が下手に尾行をしてバレてしまうケースはあなたが想像している以上に多いのです。盗聴器やGPS端末機器(GPSロガー,iphoneアナライザー含む)も同じです。しかも機材を使った場合にはターゲット(夫、妻、不倫相手)にバレていても知らないフリをされるケースもあります。そうなったら泥沼です。お互いがお互いを探りあいながら疑いの毎日を送る事になります。

これだけのリスクを冒しても、得られるメリットは「浮気をしている事の確証を高める事ができる」程度です。実際に調停になれば、GPSの位置情報などはあまり効果がなく、やはり動画や写真などの動かぬ証拠を求められます。

当サイトではGPSのレンタルも比較検証をしていますが、自力だけは奨めていません。浮気調査をするには精神面も披露しますが、探偵社に依頼すれば精神的な負担も一番小さくすませる事ができますよ。

 

探偵依頼かGPSレンタルか迷ったら

探偵社に調査依頼をするか、GPS発信機などをレンタルするかで迷う事も多いと思います。そんな時はわかりやすい判断方法があります。

  • 離婚を考えているのか寄りを戻したいのか?

上の方でも少し触れましたが、「離婚を考えているのか、寄りを戻して今後も結婚生活を続けていきたいのか?」を考えることが一番の判断方法です。あとは、手間とコストを天秤にかけるしかありません。

パートナーの浮気(不倫)が発覚すれば離婚をする方向であれば、これはもう断然調査依頼することをおすすめします。離婚調停では証拠が重要となりますし、調査費用を請求して支払わせた判例もあります。GPSレンタル含む自力調査では思ったような結果とならない可能性が非常に高いです。

逆に、寄りを戻したい場合には「浮気をしていたかどうか」という事に重きがいくので居場所がわかれば本人に問い詰めることもできるでしょう。もちろん、相手の出かた次第で離婚という事もありえるとは思いますので、その先に離婚がある場合は浮気調査をした方が良いのかもしれません。

判断は難しいところですが、まずは一度探偵社に相談してみるのも良いかもしれません。探偵社には数多くの事例や判例資料がありますので、「あなたの場合にはどうなのか?」という事を率直に質問してみてからでも良いですね。