浮気調査おすすめランキング追跡フッター

浮気調査支援組

浮気調査をする際の探偵事務所の選び方と口コミなどを比較検証します。

養育費の調停を有利にするために知っておくべき6つのポイント

浮気調査をして、結果がクロだった場合には離婚するケースもあります。離婚調停で養育費や慰謝料を決定することが多いですが、どうすれば有利に進めることができるのか?について知っておく必要があります。

49ae47edc0e9e03008697dfd6b7f78c1_s

養育費の調停を有利に

養育費は、子どもを育てていく上で子どものために使う、重要な位置を占める費用です。

子どものいる夫婦が離婚してしまい、子どもを引き取って育てていく方に十分な収入がない場合には、子ども自身の権利としてもう一方の親の収入に見合った分の養育費を受け取る権利があります。

しかし、それが子ども自身の権利とはいっても、子ども自身が裁判などに訴えることは基本的に難しいので、引き取った親が言わば子どもの代理人となって、養育費の請求に望むのだと考えるべきかもしれません。

それを有利に進めるにはどのようなことに気をつけたらいいのか、これから考えて行きましょう。

養育費請求調停の内容とその流れを知る

養育費請求調停を有利に進めるには、まずその詳しい内容と手順を知ることが重要ではないでしょうか。

つまり、それがどのような場合に受け取れる費用なのか、どのようにして請求しなければならないのか、支払の義務はあるのか、金額はどのように決めるのか、話し合いですまない場合はどうなるのか、などの内容を知っていれば、常に現在置かれた状況の先を読むことができるので、何も知らないよりはずっと有利に進められることは間違いありません。

また、決められた手順を知っていれば効率的に動けますので、無駄なく先へと進ませることが出来ます。

尚、調停がうまく進まなかった場合のことを考えて、あらかじめ弁護士などの法律の専門家に相談をしておくことも重要な判断材料になることでしょう。

6つポイントとは何か

養育費について知ること、その請求調停について知ること、決定される内容について知ること、事情の考慮について知ることが、まずひとつです。

次に、申し立てをする場合に必要な書類をコピーなども入れて3部、子どもと申立人と元パートナーの戸籍謄本、申立人の収入証明、事情説明書、連絡先などの届出書、進行に関する照会回答書などを用意します。

3つ目は、申し立てに必要な費用として、収入印紙と切手を必要な金額分だけ用意します。

4つ目は、家庭裁判所への申し立て、委員を交えての話し合いの期日の決定、1回めの話し合い以降、成立や不成立、取り下げによっての終了があります。

5つ目は、不成立となれば裁判へと発展します。

そして最後のポイントとしては、有利に進めるには好印象で委員を味方につけ、証拠があればきちんと提示することです。

ランキング

ranktantei

   

 - 浮気調査で離婚