浮気調査おすすめランキング追跡フッター

浮気調査支援組

浮気調査をする際の探偵事務所の選び方と口コミなどを比較検証します。

浮気調査をして慰謝料を相場より多くもらう方法

ウサギ
配偶者が浮気をしていたら、慰謝料をもらう事ができるって本当?

シカ
慰謝料は、精神的ダメージを受けた代償として支払われる事になるんだよ。大まかな相場をチェックしてみよう!

浮気が発覚し離婚。その被害の代償として支払われる慰謝料ですが、どうせなら出来るだけ多く欲しいというのが多くの被害者の正直な気持ちだと思います。
これは何も邪な考えではありません。夫婦関係が悪くなる原因となりますから、慰謝料をもらいたいと考えるのは普通の事です。

浮気問題というのは、被害者は本当にキツいんです。
個人的な意見を言うのなら、慰謝料の相場は、被害者が受ける精神的ダメージよりもはるかに安いと思います。
しかし、それが裁判所の判断であれば仕方ありませんので、納得するしかありません。

今回の記事では、離婚後の慰謝料について詳しく見ていきたいと思います。

color

浮気(不倫)の慰謝料相場とは?

一般的に50万円から300万円の間で支払われる事が多いです。
ただ、慰謝料というのは、相手の浮気問題で被った被害に対して支払われるいわば贖罪金
つまりは損害賠償金なんですね。
犯した罪に対して償う姿勢を見せるためのお金です。

どのくらいの期間浮気され、何人と浮気され、どれくらい傷つけられたのかは、被害者本人でなければわからないため、はっきりとした慰謝料の相場というのは設定されていません。
被害の度合いが多ければ、300万円を超える可能性もゼロではありませんし、他にもいろいろな判断基準があるため、明確な相場は設定されていません

ただ、一般的に多いとされる相場はお伝えする事は出来ます。

  1. 離婚はせずに、浮気被害にあっただけの場合は、50万から100万円
  2. 浮気問題がきっかけとなり別居となった場合は、100万円から200万円
  3. 最終的に離婚となってしまった場合は、200万円から300万円となります。

これらの相場を目安に考えておくと、大きく外れる事はないでしょう。
また、慰謝料目当てで、弁護士費用を捻出する人がいますが、その場合も、これらの金額を頭に入れて、予定を組むと良いと思います。

■不倫の慰謝料相場を増減する要因

前章でも少し触れさせていただきましたが、慰謝料の相場が増減する要因は、被害者が受けるダメージの大きさと、状況の深刻さ、浮気した対象者の支払い能力などで変動します。
以下で、詳しく見ていきましょう。

ウサギ
全ての人が同じ慰謝料になるわけではないよね?どのような条件であると、慰謝料が増減するの?

シカ
ダメージを受けた期間や年収によって慰謝料は変わってくるよ。その点も詳しくチェックしてみよう!

婚姻期間や不倫関係の期間、年収

fe4e79d047c0b5c7ed94d0a808c74a1b_s

婚姻期間と不倫関係の期間による慰謝料額の変動

ターゲットと依頼者が夫婦関係、既婚者である場合、婚姻期間によっても慰謝料の額は変動します。

婚姻期間で慰謝料が変動する場合、5年未満の婚姻期間を「短」と判断されます。
不倫期間は半年未満が「短」と判断されます。

婚姻期間が「短」で、不倫相手との継続期間も「短」の場合、最低相場とされている50万円以下の30万円程度でおさまることもあります。
この場合の上限は100万円とされています。

婚姻期間6年から10年であれば、婚姻期間は「中」と判断されます。
不倫期間の場合は、半年から1年が「中」とみなされますので、婚姻期間が「中」で、不倫期間も「中」の場合は、100万から150万が相場の基準となります。

そして、婚姻期間が10年以上、不倫期間が1年以上が、どちらも「長」と判断され、どちらも「長」と判断された場合は、150万から200万円となります。
ご自分の状況をこの基準に当てはめて行くと、婚姻期間での慰謝料額を算出する事が出来ます。

また、婚姻関係の長さと不倫期間は、離婚となったケースでも該当します。
離婚は一般的に200万円から300万円と言われていますが、婚姻期間が「短」で、不倫期間も「短」の場合、慰謝料は100万円から150万円と大幅に下がってしまいます。

婚姻期間が「中」で、不倫期間も「中」の場合、150万円から200万円を目安にすると大きくはずれる事はありません。

最後に、婚姻期間も不倫期間も「長」の場合が、200万円から300万円とされており、この事から、一般的に言われている金額というのは、上限額か高めに見積もった金額である事がわかります。

ご自分の慰謝料額を算出する際は、婚姻期間が長で、不倫期間が短、などのケースもあるでしょうから、その分上限設定額よりは安くなる事は考えておいた方が良いと思います。

細かく言うと、不倫期間もそうですが、不倫した回数や人数などでも変化してきますので、慰謝料額が前後する事は想定しておきましょう。

ターゲットの年収による慰謝料の変動

慰謝料は、ターゲット(浮気をした側)の年収でも大きく変動します。
一部上場企業の幹部クラスが浮気した場合と、無職ニートが浮気した場合とでは、当然ながら慰謝料額は変動します。
そのため、夫が浮気をした場合と、妻が浮気をした場合を考えた時、男性と女性では、慰謝料の金額が異なる事が多いと言われています。

高収入だと判断されれば、依頼者の傷の深さに相応しい金額を支払う義務があります。
確実に浮気している証拠があるのであれば、言い逃れは出来ませんし、支払い拒否する事も出来ません

つまり、後者は慰謝料を支払う能力がないと判断されてしまうためです。
じゃあニートで浮気するやつが一番得じゃないか!?と思った人もいるかもしれませんが、実際そういうわけではありません。

無職でニート、奥さんからも捨てられ、慰謝料すらまともに払えない・・・こんな状態をラッキーなんて思える人がいたらもうその人は人の道から外れています。
慰謝料額だけで見ればぱっと見、得なように見えるかもしれませんが、愛した人を裏切り、罪を償う事すら出来ない。これ以上の罰ってあるでしょうか?
わたしは、ちょっとすぐには思いつかないです。

一体何重否定なのかなと思います。
これは思っている以上に浮気した側もきついです。また、内容証明などで浮気相手と別れさせられた場合、浮気した側は、実質すべてを失う事になります。
これは相当に応えると思います。

良い事をすれば称賛され、悪い事をすれば罰せられる。
そんなことは誰もがわかっている事なのですが、それにしても浮気した側に強いられる罰もまた、自分がまいた種とは言え、人生を狂わせるほどのものだと思います。

それに心の傷というのは、慰謝料をもらえば治るというわけではありません
どれだけ時間が経っても治らない場合もありますし、新しい人との出会いが、依頼者を癒してくれる可能性もありますが、裏切られてすぐに新しい出会いへなんて事が出来る人はまずいないでしょう。

そう考えると、浮気の罪は根深く、一次被害よりもこういった二次被害の方が深刻なのではないかなと考えてしまいます。
ひどい人だと男性恐怖症などに陥ってしまう人もいるだろうし、人間不信にもなります。

浮気や不倫がどれほど罪深いものなのか、人の信頼関係を壊してしまうのか、この章を通して、よくお分かりいただけたのではないかと思います。

ウサギ
でも慰謝料をもらうのなら、少しでも多くもらいたいな・・・多くもらうためのコツはあるの?

シカ
探偵や弁護士事務所にお任せすると、慰謝料を増やすことができるよ。

言い逃れが不可能な不定行為の証拠を徹底的に用意

109b55b5f2a8c4c22dff0fe3f5e7a640_s

  • 浮気調査をすることで慰謝料を多くもらうことができる

慰謝料をもらうには、裁判で勝訴しなければなりません。
そのために絶対に必要となってくるのが、探偵に依頼した浮気証拠と浮気調査の過程を記録した調書です。

浮気証拠というのは、大きく分けて2種類存在します。
ひとつは、ラブホテルに出入りする瞬間を撮影したものや、車でキスしている現場など、肉体関係を結んでいる事がわかる証拠が一次証拠と言われるものになります。
確実に性交渉などの不貞行為をしていると判断される証拠の事を指します。

もうひとつが、二次証拠と言われる不貞行為の可能性を裏付ける証拠の事です。
メールやライン、出張と偽りその時間は浮気相手とホテルにいたり、、、といったものも、証拠写真なども、裁判では力になってくれる証拠です。
ターゲットの行動や言動を日記などに記録しておくのも良いと思います。時系列で記録しておくと、浮気をしている場合、記録通りに追い詰めていけば、必ず言い逃れできなくなります。

浮気調査を依頼すれば、慰謝料は確実に増額するという考え方は間違っていません。

その後弁護士へ依頼する

b379203a5985106be33a29992ce4d63e_s

  • 浮気調査にかかる費用と弁護士費用

弁護士に依頼する際、浮気調査費用と弁護士費用まで見積もりを出してもらっておいた方が良いです。
大手の探偵事務所などは、確実な浮気調査を入手したあと、依頼者から希望があれば、そのまま弁護士事務所を紹介してくれ、離婚調停なりの流れを作ってくれます

また、証拠が多ければ多いほど、慰謝料の増額が期待できるのも間違いありません。
長期間に渡り不倫をされており、不倫回数も多く、複数人と体の関係があったりすると、精神的苦痛も相当なものだと考えられるので、探偵にはなるべく多く浮気証拠を入手してもらいましょう。

どちらの費用も把握しておけば、慰謝料でどれだけ補う事が出来るのか、それとも仮に十分な慰謝料がもらえなかった場合でも、支払う価値はあるのかまで検討する事が出来ます。

答えはほとんど人がイエスと答えるはずです。
自力で安くあげようとする人がいますが、はじめから探偵に相談、依頼し、弁護士に慰謝料を請求してもらうという流れでいった方が、はるかに楽で、自分への負担も少なくすみます。
費用対効果で考えれば、比較になりません。

ウサギ
弁護士などの法律家や探偵に頼むと、費用がかかっちゃうからいやなだ。

シカ
しっかりとした証拠をつかむことで、多くの慰謝料をもらう事ができるから、トータル的に考えて、得る事ができる慰謝料は増える場合がほとんどだよ。

差し引いても増額する慰謝料が多い

335886c3d4b9ca6af8c4c6e94d946c91_s

  • 離婚調停と浮気調査を一括でやってくれる探偵社がおすすめ

探偵に依頼する際は、探偵選びを行い、弁護士まで紹介してくれる探偵事務所に依頼するのがベストです。
浮気調査の後、離婚調停をスケジューリングしてくれ、ほぼ全自動で浮気問題が解決へと運んでくれ、しかも慰謝料まで請求してくれるので、本当に助かります。

弁護士費用までかかっちゃうの・・・と懸念する人もいるかもしれませんが、どちらもプロに依頼した方が、結果的に得をします。
目先の利益ではなく、全体的な利益に目を向けるようにしてください。ひとりでこれだけの業務を行うのは絶対に不可能です。

ここまで、慰謝料の相場と計算の考え方、それを最大まで増やす方法について触れてきましたが、慰謝料を出来る限りもらうためには、弁護士と探偵の力は必要不可欠です。
必ず専門家を通して請求するようにもっていきましょう。

自分で浮気証拠をつかもうなどと考えている人は、臨んだ結果はまず得られない可能性が高い事や、最悪浮気調査がバレてしまい、逆にストーカー規制法などに引っかかり不法行為となり訴えられる可能性すら出てきます。

なので、浮気問題から慰謝料まではすべてプロに丸投げするということを頭に入れておきましょう。
プロにお任せすれば、共同不法行為なんて事になることはありません。

浮気には時効があり、慰謝料を請求する事ができる期間がありますから、その点についても注意しましょう。

ランキング

ranktantei

      2017/09/14

 - 浮気調査費用