浮気調査おすすめランキング追跡フッター

浮気調査支援組

浮気調査をする際の探偵事務所の選び方と口コミなどを比較検証します。

浮気調査の注意点

クマ
配偶者の浮気調査をしようと思っているんだ。成功させるための注意点を教えて!

シカ
今回は、浮気調査の注意点について詳しく説明するよ!浮気調査は、調査を行っている事が対象者にばれないようにすることがとっても大切だよ!

浮気調査を行う上で注意すべき点がいくつかあります。

自分で浮気調査を行うセルフ調査と、探偵に依頼する調査方法の2つがあり、それぞれ注意点が異なってきます。

今回はそれぞれの浮気調査をの注意点についてお話ししていきたいと思います。

浮気調査で注意する事とは

uwaki1

浮気調査と言うと一般的には興信所に依頼する調査方法のことを指します。

興信所に依頼する場合は、優良興信所に依頼できるかどうかが全てです。
ここで言う優良というのは、評判だけでなく調査力や実績、運営歴なども含めた総合的に優良な探偵社の事を指します。

 

依頼する前に口コミやインターネットの検索で興信所の情報をあらかじめ集めておき、印象の良いところで無料相談を受け、見積もりを出してもらいます。

 

時間に余裕があるのであれば、1つの探偵社に絞るのではなく、いくつか無料相談をして見積もりを出し、比較してどの興信所に依頼するかを決めるとよいでしょう。

探偵比較コムなどを利用し、インターネットだけで探偵社を選んでしまう人が非常に多いのですが、インターネットの情報だけで判断しないほうが良いです。
インターネットの情報は主観の集まりなので、個々の意見となり、数々の経験に基づいたものではありません。

そのため、自分には該当しないケースが多く、誤報であることも多々あります。
インターネットの情報よりも、友人の口コミ、実際に体験した人の話、そして自分の希望を最優先するようにしましょう。

あまりに情報を集めすぎると今度はどれが正しいかわからなくなってしまう自分の気持ちを大事にするようにすると迷いは少なくなります。

 

可能な限り正しい情報を集める。

 

そして自分の足と時間を使って良い興信所を自分で見つける。

その中から最も自分の条件に見合う興信所に依頼することが浮気調査を成功に導くコツです。

クマ
自分自身で調査を行う場合の注意点って何かな?

シカ
自分自身で調査を行う場合には、入念な準備が必要だよ。リスクがたくさんあるから、調査が失敗とならないように注意しよう!

自分自身で浮気調査をする注意点

8ef29fc6f3e8565f53270fe00862cdc8_s

自分自身で行うセルフ調査の場合は、注意点としてのチェック項目がたくさんあります。

法律はおかさない

まず1番最初に気をつけなければいけないのは法律の問題です。

興信所に依頼する場合は探偵に丸投げすれば良いのですが、自分で行う場合は、どういった行為に違法性があり、刑罰の対象となり、違法と判断されるのか把握してから行動しなければいけません

 

動機がパートナーの不貞行為を調査するためであったとしても、何をしても許されると言うわけではありませんし、夫婦であってもストーカー規正法などに引っかかる可能性も出てきます。

法律の問題は必ずおさえておきましょう。

バレる可能性も考えておく

次に気をつけなければいけないのは、ターゲットに浮気調査がバレる危険。

素人が浮気調査を行うと、どこかでミスが出ます。

浮気調査をしている事が相手にバレてしまうと、相手との信頼関係が壊れる事もありますし、逆におまえはどうなんだと問い詰められたり、訴えられたりする事さえあります。

疑われて良い気分がする人はいませんし、言葉や行動にしなくても思っている事は相手に伝わります。

猜疑心は相手に伝染します。

普段通りにする

興信所に依頼したあとに、興信所が依頼者にする注意勧告は「普段通りいる」ことです。

いつも通りでなければターゲットは依頼者の変化に気づいてしまい、浮気調査している事がばれる可能性があります。

詮索しないけども無関心にならない。
寛大になりすぎるのもダメです。

変化を感じさせないことが自分で浮気調査を行う上での大前提です。

行き過ぎた調査となってしまう場合とは

自分で浮気調査を行う場合、どうしても主観が介入してしまうため、疑いの気持ちから、ありもしない浮気証拠を捏造してしまう可能性があります。

信頼しているパートナーが浮気をしているかもしれない・・・と言う心理状態はたまらないものです。

その不安な状態から一刻も早く解放されたい、早く楽になりたいといった気持ちから、浮気の証拠を作り上げてしまうんです。

自分から引き寄せてしまう。

これは行き過ぎた浮気調査で、思い込みや偏見でターゲットを見てしまい、本当は浮気をしていないのに相手が浮気を認めるまで疑ったり、問い詰めたりして問題を解決しようとします。

この先に待つ結果は説明不要だと思います。

夫婦不仲に別居、そして離婚です。

自分でありもしない証拠を作り上げ自分で関係を壊してしまう。離婚を引き寄せてしまう。

こういったケースがあるため、浮気調査は探偵に依頼する事をおすすめしています。

痕跡を残さないようにするために

自分で浮気調査を行う場合、慣れていない人は気づかずに痕跡を残してしまい、ターゲットに浮気調査がバレてしまう事があります。ターゲットが勘の鋭い人なら、すぐに気づきます。

痕跡を残さないようにするためには探偵に依頼するか、興信所に言われたことだけをやるようにしたほうがいいです。

探偵の指示以上の事は一切手を出さない。

自分の分からない範囲は足を突っ込まない。

そういうふうに線引きをしなければ必ずどこかでボロが出ます。

パートナーが浮気をしていればいいですが、シロの場合、逆に訴えられる可能性も出てくるので注意しなければいけません。

焦らずに調査を進めるために

自分で浮気調査を行うと早く結果をしりたいと言う気持ちから、どうしても焦りが生まれます。

なので初めから興信所に依頼した方がスムーズに浮気調査を運ぶことができます

自分の信頼していたパートナーを疑うのは、予想以上に気持ちに負担かかるものです。感情が入ると、良い結果は生まれません。

自分で調査をするリスクを考える

自分で浮気調査をする場合はリスクを考えて行動しなければいけません。

  • 法律を犯すリスク。
  • ターゲットに浮気調査がバレてしまうリスク。
  • 逆に訴えられるリスク。
  • ターゲットが浮気をしておらず、浮気調査がバレてしまい、信頼関係が壊れてしまうリスク

といった具合に様々なリスクが想定されます。

クマ
じゃあ、探偵や興信所に依頼する場合の注意点は何?

シカ
探偵に依頼したからといって、必ずしも調査が成功するわけではないよ。依頼する探偵事務所によって成功率が変わってくるから注意しよう!

探偵に依頼した場合の注意点

6aad3ada463f4a46624ee77e7b64fbf2_s

探偵に依頼した場合でも注意点がないわけではありません。

注意点は、詐欺まがいの探偵社に捕まらないことです。

調査業務を依頼者側が二重尾行により監視するわけにはいきません。

ですが、もともとが不透明な業務が多いため、やり方によってはいくらでも利用明細を請求することができます。

騙されないためにしっかりと優良の探偵社を調査することが浮気調査の解決するためのはじめの一歩となります。

 

東京探偵社AIや、hal探偵社など、数多くの探偵事務所が存在しますが、探偵に依頼したからといって、100%成功するというわけではありません。

調査が失敗した場合は、返金の有無などは契約前に確認しておきましょう。

成功した時だけ支払う形式の成果報酬型がおすすめです。

 

実際の失敗例としては、調査員の尾行がターゲットにバレ、怪しまれてしまい駅構内で駅員に通報されてしまったケースなどもあります。

通報され逃走中に探偵が落とした携帯電話から、身元がバレ警察から連絡がありました。
後日、奥さんから依頼者の夫に離婚調停の通知がきたようです。
奥さんはシロだった。
最悪のケースです。

浮気調査に失敗され、返金されないなどのケースもあります。

これは探偵依頼してもうまくいかないケースのよくあるパターンです。

他には、追加で調査員を増やされてしまい、調査費用をあとから余分に請求されるといった被害もあります。

探偵社に依頼したからといって希望通りの結果が得られるとは限らないという教訓です。

優良探偵会社であれば、探偵業届出証明書を持っており、探偵業法に則った営業となりますから、依頼先となる探偵業者には注意しましょう。

信頼できる探偵社を選ぶには

浮気調査が成功するか否かは、信頼できる探偵社を選べるかどうかによります。

良い興信所の選び方は、浮気調査の成功実績と、その興信所の運営歴、そして口コミ。この3つです。

大手の興信所などはメディアへの露出も行っていますので、それも 1つの選択基準となるでしょう。

もちろんテレビ出てるからといって、よい興信所とはなりませんが、少なからず詐欺まがいの請求をしてくるような探偵社でないことはわかります。
テレビ局の信用にも関わりますからね。

この4つにプラスして、最後はやはり自分の直感を信じることです。
無料相談を受けてみて、印象がよくなければ、どれだけ口コミや実績が良くてもやめたほうがいいと思います。

浮気調査を依頼する上で、依頼先となる探偵側との信頼関係は、必要不可欠なものです。
信頼できない探偵の調査結果は信用できないと思うのが自然です。

依頼目的を明確にしておく

探偵興信所へ浮気調査を依頼する際、相談前に依頼内容を明確にしておいた方がいいです。

料金の見積もりを出してもらう際も、興信所が依頼内容を把握できていれば、より細かく費用を算出することができますし、調査しやすい環境が整えられます。

また探偵業とひとくちにいっても、業者によって、浮気調査専門の所から人探し専門、素行調査専門といったように探偵社によって専門分野が異なる場合があるので、浮気調査を依頼する際は浮気調査専門の探偵社に依頼するようにしましょう。

費用をしっかりと確認する

興信所に依頼する際、無料相談の後見積もりを出してもらうと思いますが、不透明な費用はちゃんと確認しておいた方が良いです。

後でもめる可能性がありますし、後からよくわからない費用を請求されても困ると思いますので、わからないところはしっかり質問して確認しておく。

見積もりの段階でこれ以上の費用は発生しないと言う確認を取っておけば問題なる事もありません。

念密な打合せを行う

探偵と浮気調査の打ち合わせを行う際は、興信所と一緒に行っていきます。

浮気証拠などがあるなら、可能な限り提供するようにしてください。

依頼後に協力して作業を行う場合も、自分で出来るセルフ浮気調査を行えば、依頼費用を節約することも出来ます。

もちろん専門的知識が要ることや難易度の高い浮気調査の依頼されませんし、さほど構える必要はありません。

依頼方法としては、無料相談が終わると、調査方法を興信所から調査内容について、依頼人に詳しく説明されます。
その後、見積もりを出してもらい、双方合意の上、探偵業務依頼契約→調査開始となります。

もし納得がいかない場合は、すぐに契約書にサインする必要はなく、時間をとってゆっくり考えてから、契約またはお断りする事も出来ます。

調査費用について心配に感じる人は非常に多いのですが、探偵社側に支払う費用は、パートナーから支払われる慰謝料で補う事ができます。

また、打ち合わせの際に「なるべく自然に接する」という注意をうけると思いますが、ターゲットに浮気調査をしていることがバレないような工夫が必要になります。

表情や日常会話、行動に微妙な変化を起こさないように気をつける。
相手に疑っていることを悟られないようにしなければバレてしまいます。

そのやり方についても担当者に詳しく聞いておきましょう。

ランキング

ranktantei

      2017/08/27

 - 浮気調査方法