浮気調査おすすめランキング追跡フッター

浮気調査支援組

浮気調査をする際の探偵事務所の選び方と口コミなどを比較検証します。

「不倫・浮気が原因の離婚裁判」勝ち方教えます。

c79ea94ea2d0d7d277811fb8b0854f5f_s

裁判までの流れと、慰謝料や親権請求の方法

まず、裁判までの流れについて触れておきます。そもそも、どういった状況の時に裁判となるのか?ですが、「意見の相違があった場合」に裁判となります。すごく簡単に言うと、

1.浮気をされた被害者が慰謝料や親権を請求

2.浮気をした加害者は浮気を認めず慰謝料や親権の請求を拒否

3.納得できず話し合うも結論が出ず

4.調停、裁判(訴訟)へ

上記の様なイメージです。もう少し詳しく解説をすると、

浮気をされた被害者から慰謝料を請求

起きたことやされた事、言動や行動などについて事実を書いて内容証明で慰謝料の請求書を送りつけます。(画像検索で「慰謝料 請求書」などと検索をするとたくさん出てきます)

相手が浮気の事実や肉体関係について認めている場合にはこの時点で請求した慰謝料が支払われます。もちろん、口頭で支払わせても構いませんが、通常では請求書を郵送する事が多いです。

浮気をした加害者は浮気を認めず請求を拒否

浮気をした側が事実を認めずに請求に対して支払をする事も認めない場合です。この場合、示談交渉と言って金額や条件の細かい部分を交渉するケースもありますが、一切支払などを認めない場合には調停に持っていく事になります。

示談で条件をすりあわせた場合にも示談書など書面で残して条件を記録しておくことが大切になります。

交渉でまとまらない場合は調停・裁判へ

示談交渉で決まらない場合はまず調停に持っていくのが一般的です。調停と言っても、話し合いを裁判所で行う様なイメージです。しかし話し合いとは言っても調停で決まった内容を守らなければ強制執行を行使する事もできます。

それでも決まらなければいよいよ裁判になりますが、この時に万が一相手が有利な証拠を持ってきて不利になってしまわない為にも、万全の体勢を取っておくことが必要になります。

 

浮気が原因の裁判で勝つためには何より証拠

離婚裁判の場合でも、浮気相手を訴える場合でも裁判を有利に進めるには何よりも証拠が物を言います。不倫を訴える場合には、

不倫相手と配偶者(ご主人・奥さん)の間に肉体関係(不貞行為)があった事が客観的に証明できる証拠

が何よりも重要になってきます。では、不貞行為を証明できる証拠とはどういったものなのか?

使える証拠と使えない証拠

探偵事務所の浮気調査報告書

使える証拠の代表は、「探偵事務所の報告書」です。

ラブホテルや浮気相手の自宅などに出入りしている画像が複数回に渡って撮影されていれば言い逃れなどをする事は限りなく不可能になります。同時にその日の日時や場所などもわかる証拠があればより確実な証拠となります。車などで性行為をしている画像なども使えます。

ただし、こういった証拠を自分で確保するのは大変難しく、探偵に調査依頼をすると費用がかかってしまうのがデメリットです。

メールやLINEなどやり取りの画像

これは内容次第では関係性を証明できますが、証拠としては不十分になるケースもあります。

会話の内容が途切れないようにスクリーンショットや自分の携帯カメラで撮影していく事が大切です。デメリットは証拠として効果が弱い事です。

その他の証拠

その他、ラブホテルのレシートやポイントカード、ナビの履歴や不倫相手とのツーショット写真、手紙、クレジットカードの明細、などなどは状況証拠として参考にはなりますが、言い逃れをされてしまえば証明する事はできません。

より具体的な証拠と、勝てる報告書についてはこちら

 

確実に離婚調停や裁判に勝つためには

確実に勝ちに行くためには、費用をかけてもプロに浮気調査依頼をする事をオススメします。

ただし、「浮気をしている事が確実な場合」です。

浮気をしている事が確実で、あとは証拠を取るだけの状況であれば、浮気調査をした費用も相手に請求することができます。

前払いをする現金がなければ後払いや分割にも対応してもらえる探偵事務所に依頼をする事で持ち出しなく調査をする事ができます。後払いや分割払いに対応している事務所も多いので、比較表をじっくり見て検討してみて下さい。

ランキング

ranktantei

      2017/08/08

 - 浮気調査方法