浮気調査おすすめランキング追跡フッター

浮気調査支援組

浮気調査をする際の探偵事務所の選び方と口コミなどを比較検証します。

浮気調査で、携帯番号や相手の住所を知る方法

浮気調査の際に、浮気相手の携帯電話番号や、住所を知る方法について書いています。

浮気相手の携帯番号を自分で調べる

浮気相手の携帯番号を自分で調べるためにはあなたのパートナーの携帯電話を操作する必要があります。

浮気相手が知り合いの場合

仮に浮気相手があなたも知っている人なら話は簡単で、パートナーに「電話番号を誤って削除してしまった」「どうしても連絡したいことがあるから」などといえば共通の知り合いと言うことで比較的早く情報を手に入れることができるでしょう。

浮気相手を知らない場合

ですが浮気相手を一切知らないと言う場合はパートナーの携帯電話をチェックしましょう。

しかし浮気している場合、他人特にあなたに見られないように細心の注意を払いますので、ロックがかかっている可能性があります。ガラケーのように4桁の番号なら誕生日や車のナンバーなど特定しやすいのですが、スマホの場合は特定しづらいので、パートナーが実際にロックを解除しているところをこっそり見て覚えるしかありません。

あとは着信履歴を見て、最近頻繁に連絡を取り合っている異性がいれば浮気相手と考えていいでしょう。

関連記事

 

探偵や興信所に依頼する

どうしてもロックが解除できないなど、自分ひとりで浮気相手の携帯電話の番号を調べるのには限界があると言う場合は興信所や探偵などに依頼する方法があります。

また仕事の関係上複数の異性と連絡を取り合う方もいますから、どれが浮気相手か分からないと言う場合もさらに踏み込んだ調査が可能となります。

調査以来をした場合は通常の尾行調査などから浮気相手を特定し、さらに浮気相手の身元を洗い出すことになります。パートナーが自白済みということはほとんどありませんので、浮気の証拠を突きつけてパートナーの自白させましょう。

興信所や探偵事務所などの情報屋、プロには浮気調査のノウハウがありますし、裏ワザのようなことも心得ています。

ですから浮気相手の電話番号調査から身元調査、さらにその後どうするかによって弁護士の紹介などアフタフォローまでしてくれるところがありますので、頼ってみるのもいいでしょう。

携帯番号から住所を探り出す

探偵事務所などによく来る依頼が、

「浮気相手の電話番号はわかっているからそこから相手の住所や名前など身元を明らかにしたい」

と言うことです。

電話と言っても今実際に使っている携帯電話や一般電話もあれば、解約してしまったものもあります。こうした依頼を受けるとき、探偵事務所では必ず身元調査の目的を聞きます。

たとえば犯罪に触れるようなストーカーや盗聴、盗撮、DV法にかかるような被害者の身元調査、差別手的取り扱いなどが目的の場合、反社会的勢力など公序良俗に反するような目的であれば依頼を断られることがありますが、浮気調査であれば引き受けてもらえるでしょう。

現在は使用中の携帯電話でも解約済みの携帯電話でも、実際にその携帯電話を契約していた人の氏名から住所まで調査することができます。中には解約している場合はできないと言うところもありますが、できると謳っているところが大半ですので活用してみてください。

ランキング

ranktantei

   

 - 浮気調査を自分でやる方法